古鷹山行記

このブログでは山行記録,風景写真,山関連情報等を掲載しています

山行記録R4/06/19_赤星山

今回登った赤石山は、石鎚山脈の支脈である法皇山脈の一峰です。
メインのルートは2つあり、旧土居町野田登山口から皇子渓谷を登るルートと、赤星山南側にある中尾集落から登るルートがあります。
7月に近づき蒸し暑くなってきたので、涼を求めて川沿いを登れる皇子渓谷のルートを選びました。

基本情報

登山日 令和4年06月19日
天候 曇り
コースタイム (S)スタート地点11:04→11:06野田登山口11:19→
14:38赤星山14:39→16:17野田登山口→16:19ゴール地点(G)
山行 4時間16分 休憩 59分 合計 5時間15分

地図


コース詳細

野田登山口から

今回の山行で使用した野田登山口です。赤星山の皇子渓谷を登るルートです。
登山口前が広場になっており、10台ほど駐車可能です。今回は車で埋まっていたため、登山口から少し離れた場所に駐車しました。登山口には登山届を入れるポストがあります。

野田登山口 駐車場

登山道は皇子渓谷を流れる川近くを登っていきます。

このような橋が複数あり、川を右に左に渡渉します。

途中、朽ちた橋がありました。橋の上にある巻き道を通ります。

豊受山分岐までに3つの滝がありました。

機滝
紅葉滝
布引滝

玉簾。苔の生えた斜面を伝って水が流れてきています。
光を受けて煌めいていました。

玉簾

豊受山分岐→千丈滝分岐

標高650m付近にある豊受山への分岐です。向かって左に向かえば豊受山です。
赤星山に向かうため今回は右へ。分岐を過ぎると岩石の多い道になります。


岩の上を歩く場所がありますが、水分を含んだ苔により滑りやすくなっています。
滑りやすい場所にはチェーンが渡してあります。

千丈滝分岐。赤星山山頂まで約2.5キロ、標高750mほどの地点。
川に沿って進み千丈滝に向かうルートとの分岐です。
再び合流しているため、どちらに進んでも赤星山山頂に向かえます。
今回は滝を迂回し進みました。

千丈滝分岐

千丈滝分岐→赤星山頂



赤星山山頂

赤星山山頂には標識と三角点がありました。山頂部は開けており、瀬戸内海側が見えます。残念ながら、当日は曇で展望はありませんでした。

山頂を示す標識
二等三角点「赤星山」(標高1453.16m)

豊受山への道と、津根、中尾へ下れる道がありました。

感想

当日は曇りで山頂部の展望もなく早々に下山しましたが、道中の3つの滝、玉簾を見ることがで満足です。今回は時間がなくあきらめましたが、赤星山と豊受山を縦走するルートも今度登ってみたいと思います。